スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)| --/--/--(--) --:--:--
鬼灯の冷徹アニメ化キャスト発表!
どうもー羊野ですよー
しばらく更新が遅れました。すいません。
これまたびっくりなことにキャストが発表されましたねぇ
とりあえず下にいれときますわ

  鬼灯・安元洋貴(テラキオン)
閻魔大王・長澄高志(ドンキーコング)
 桃太郎・平川大輔
  シロ・小林由美子
 ルリオ・松山鷹志
  唐瓜・柿原徹也
  茄子・青山桐子(トサキント)
  お香・喜多村英梨
  マキ・上坂すみれ
  白澤・遊佐浩二

ちなみにかっこの中は知ってる声を入れてみたwww
ん?キャスト発表?てことは?
おお!アニメ放映も近い!てことかー
うれしーなーああああああ
て、ことで、次回は鬼灯の冷徹10巻の感想を書きたいと思います。
あばよ!
スポンサーサイト
鬼灯の冷徹 |コメント:0 |トラックバック:0 | 2013/09/07(土) 21:54:43
鬼灯の冷徹PV第二弾公開中!
どーもこんにちは。羊野です。
本日は、鬼灯の冷徹PV第二弾!の感想です。
いつのまにか公開されてましたね・・・
では、感想いきますよ。
まず、初っ端からものすごいかっこいいぃぃぃぃぃ!
わたしを殺す気か!萌え死にさせる気か!死ぬぞおい。
鬼灯のイントネーションって、「お」を上に上げるのか。下じゃないのか。
まぁいずれ慣れるでしょう。
そして・・・
え、閻魔大王動いた!唐瓜照れた!茄子!お香ちゃん手振った!桃太郎怒った!シロ!
うれしいよぉおおおお(泣)
曲かっこいいよおぉぉぉ
あれ、でも、重要な人を忘れてるきがする・・・
・・・・・・・・・・・・!
白澤さん!
どこだか知らんけど制作会社!今すぐ白澤の声聞かせろ!
鬼灯の冷徹 |コメント:1 |トラックバック:0 | 2013/08/11(日) 16:49:24
オッギャアァァァァァァァァ!おっふ・・・ヌルフフフフ・・・
ヘンな題字で申し訳ございません。
では、ニュースを二つ。
一つ目は・・・
斉木楠雄のΨ難アニメ公開!
フラッシュアニメが公開です。
とても面白く、見ている途中二ヤけてしまう出来栄えでしたwww声優陣もイメージ通りです。
ただ、思ったのですが・・・
くーちゃんと瞬クン、どっち主人公よ・・・
まさかの海藤回でした。
カラーで見ると、みんな頭がカラフルだなぁ・・・
さて、それはさておき。
二つ目は・・・
鬼灯の冷徹 イベント開催決定!
これはびっくりしました・・・
とてもびっくりです・・・
イベントにではありません。
鬼灯の声にです!
感想としては、かっこいい!の一言しかでましぇん・・・
こんな声でしょ三白眼で切れ長のつり目でしょ黒髪でしょあと185cmでしょしかももふもふ大好きでしょ・・
こりゃあMじゃなくてもMになりますよ・・・
鬼灯の声、サイトで聞けますよ!
あと、イベントも楽しみ!ああ・・虎ノ門付近に引越したい・・
実際、イベントにはいけないので、いってきた皆様の戦利品を待ちます。
さて、最近、幸運ばかり起こりすぎて、不幸な事がおこらないか、心配なメイがお送りしました。
あぁ、そうそう、15日に風立ちぬ見てくるよ!楽しみです。
鬼灯の冷徹 |コメント:0 |トラックバック:0 | 2013/08/06(火) 08:58:34
アニメ化を記念に小説でも書こうと思って書いたのコレ。
題字の通り、小説でも書こうと思い鉛筆走らせ書きました。
できたのは、驚愕するほどの駄作でした。
それで良いと言う変人は、下へGO。
美化して、pixvに投稿してくれる善人は居ませんか?
斉木楠雄のΨ難×鬼灯の冷徹×暗殺教室のコラボ。
お気づきの方もいるでしょうが、好きなものをコラボさせただけ。

 ・あんてんしょんぷりーず・
・駄作。
・進行が遅い。
・キャラ崩壊ハンパねぇ
・誰視点か不明
・3人を混ぜるな危険

じゃあ、いきなり始まります。



「鬼灯vs斉木vs殺せんせー 入間市最終決戦!」
これは、埼玉南西部に位置する平和な市、入間市に向かう電車。
ここに、甘いものをこよなく愛する、どう考えても「普通」ではない3人の男がのっていた。

1号車目には、超生物。
一見、大きなただの(ただの?)人に見えるかもしれないが、月を破壊し、来年には地球を破壊すると言っている最高速度マッハ20  「教師」だ。
「たくさん買えたらお土産にしますかねぇ♪」なんて言っているが、そもそもたくさん買える物ではない。
どうやら忘れているようだ。「ある物」の希少価値を。

2号車目には、超能力者。
高2の「空気のような存在」を装っている超能力者だ。誰もが羨む超能力を持っている。                 ただし、本人は「超能力などいらない存在。」「あげれるもんならあげたいモノ」と思っている。
この超能力者も「ある物」をもとめて入間にやってきた。

最後、3号車目には「鬼」
キャスケットを目深にかぶり、三白目で、黒髪の身長185cmくらいの男だ。
実はこの男、地獄の獄卒である。しかも、かの有名な閻魔大王の第一補佐官である。
鬼なんかがなぜこんな所にいるのか。それは視察に来たからである。
そしてそのついでに「ある物」を買いに来た。

3人共、境遇は全く違うが求めるモノは同じである。
「終点 入間ー入間ー お出口は右側です 」
アナウンスと共に降りてくる客達。そして紛れる3人。
史上最速の超生物、殺せんせー。
史上Ψ低の超能力をもつ、斉木楠雄。
史上最強の鬼、鬼神鬼灯。    
3人が交わる時、戦いが始まる・・・                                                ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここは入間市のとあるアウトレット。
そしてそこには「いるまんじゅう」というまんじゅうが売っていた。
この饅頭、売れに売れまくってあるのかないのかわからない「幻のまんじゅう」と言われている。
僕は、これを買いに来たのだ。
おっと、自己紹介がまだだったな。
僕の名前は斉木楠雄。超能力者だ。
大体の超能力はつかえる、いわばボスキャラだな。
自己語りはこの辺にして、さっそく饅頭を買おう。
おっと、危ない。あと一つか・・・
ペタ。 ガシ。 モニュ。
・・・え?

視察に来る前からずっと食べたかった「いるまんじゅう」。
やっと見つけたとおもったのですが・・・
私は、鬼灯といいます。
信じてくれないかもしれませんが、実は地獄の極卒で、官吏です。
甘いものがわりと好きなので、食べたいと思い、買いに来たのです。
残り一つ。危ないですね。あのジジイには買ってやれません。というか買いません。
手を伸ばし、手にとろうとする。その時・・・
・・・手と・・触手?・・ですか・・・・

「あのおまんじゅう、なかなか美味しかったのでまた買いに行きましょう♪」
突然思い立ち、マッハ20でちょっと来てみました。
私の名前は・・・生徒からは「殺せんせー」と言われています。
椚ヶ丘中学校の3-Eの担任です。
しかし美味しそうないるまんじゅうですねぇ・・・
ポスターでも美味しそうです・・
さて、本物を買いましょう。おっとあと一つですね
・・・・にゅやっ?!

「えっ・・・?」
ただ一つあるまんじゅうに手を置き、三人は顔を見合わせる。
漫画で言ったら、今頃火花が散っているだろう。
その瞬間、一番に動いたのは殺せんせーだった。
どうやらマッハ20で持ち去ろうとしているらしい。
「待ってください。」 ちょっと待て。
二人がフードを掴む。その手のつめはとてもきれいだった。
「このまんじゅうは私のですよ」
鬼灯が、まんじゅうを掴み取り言う。
そうはさせない。と、斉木がまんじゅうを空中浮遊させる。
プカプカと浮き、ufoのようだ。
鬼灯が、どこからか金棒を出してブンブン振り回している。いつのまにか帽子がとれ、角が見えている。
「万引きは黒縄地獄で服役13兆年ですよ!」
鬼灯が鬼のような目つきで言う。最も、鬼なのだが。
「にゅやっ!先生は逝きませんよ?!」
いまだにまんじゅうは浮いている。
「タコが!」「タコですよ?(ドヤァ)」「鬼!」「鬼ですけど?」「にゅやーー!(怒)」
少し離れた所に斉木はいた。
-これはもらっていくぞ・・・
「待ってください。勝手に持ち去るのはルール違反ですよ?」
「そうですよ!」殺せんせーはところどころ触手がボコボコしている。たぶん金棒で殴られたのだろう。
2人はバッと飛びかかる。
触手や金棒やサイコキネシスが飛びかう。もうごちゃぐちゃだ。
そして気づいたときには・・・
「あっ!」
まんじゅうは、窓から外へ落っこちていた。
「・・・まんじゅうごときで暑くなりすぎました。もうやめましょう。大人げないです。」
「そうですねぇ・・・」
―そうだな・・・
そして三人は握手をする。
「おわびにまんじゅうを・・・買ってきました。」
三人は、特有の不敵な笑みをうかべる。
こうして、戦いは幕をとじた・・・



「あっ!これいるまんじゅうじゃん。ちょっと分けてよ殺せんせー。」
「いいですよ。みなさんの分もありますよー」
「よくこんなに手に入ったね-」
「いい体験をさせてもらいましたねぇ。あの方達のおかげで・・・」

「あっくーちゃんおかえりー♪あらそれなーに?」
いるまんじゅうだな。
「ちょっともらってもいーい?」
「お?うまそうだな?もらってもいいだろ相棒!」
ナゼオマエガイル?

「珍しいねー鬼灯君がおみやげなんて。」
「たくさん手に入ったものですから・・・シロさんもいりますか?」
「いるいるー鬼灯様ありがとう!」
「柿助さんとルリオさんにもあげてください。唐瓜さんと茄子さんもどうぞ。」
「・・・あれ鬼灯君?ワシの分は!?」
「太りますよっ!」「ええぇ!?]



ふー・・・やっと書き終わった・・・
あんがい難しいですね。
書き忘れがあったので書きましょうか。

「どうしますか?この人・・・」
仲直りしたあと、カウンターを覗くと店員が泡を吹いて倒れていた。
「ほっとけませんねぇ・・・」
よし。僕が記憶消去しよう。この金棒で・・・ボコっ!
「金棒を軽々と持ち上げる人間は初めて見ました!ぜひ獄卒になりませんか?どの所属にしますか?超能力を最大限まで使える部署へ・・・あと貴方もどうですか?教師よりずっともうかりますよ!マッハ20なんてどこにもいませんからね!あと・・・
語っている・・・もうとまらないな。


いままで見てくれてありがとうございました。
これからもよろしくです。


鬼灯の冷徹 |コメント:0 |トラックバック:0 | 2013/07/20(土) 23:09:12
鬼灯の冷徹アニメ化?!&暗殺教室5巻
今日は暗殺教室を買いにゲオにいきました。
真顔の真っ白が大量に並んでましたwww
ついでにモーニングを立ち読みしようと思ってものすごいびっくりしました!
な、なんと!!
鬼灯の冷徹がアニメ化します!
ものすごくびっくりしました・・心臓が口から出そうになった・・
うれしくてうれしくて夢かと思いました・・
さっそく私の弟子(私が鬼灯の冷徹貸してる人々)に教えよう!
ワケあって写真は入れれませんが、近いうちにいれます。
あー楽しみだな♪PVも楽しみ♪

ちなみに斉木楠雄のΨ難はまだ売ってなっかった・・残念・・
鬼灯の冷徹 |コメント:2 |トラックバック:0 | 2013/07/04(木) 22:19:57
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。